—イタリア、ミラノ

Ermenegildo

Zegna

Ermenegildo Zegna

Ermenegildo Zegnaは1910年に父親の織機を購入後、家族経営ブランドを立ち上げました。ここでは、起業家、慈善家、環境保護活動家として、同時代のはるか先を進んでいた彼のパイオニア的な業績を振り返ってみます。

彼にとっての決定的な瞬間とは?

Ermenegildo Zegnaには「世界で最も美しいファブリックを作る」という夢がありました。時計職人の息子であった彼は、1910年に会社を立ち上げました。18歳の時に織機を購入し始め、続いてウール工場Lanificio Zegnaを開業しました。これが後に、イタリアで最も有名でダイナミックなファミリー企業のひとつとなります。しかし、Ermenegildo Zegnaの夢はファブリックだけにとどまりませんでした。彼は自分の故郷、そしてさらに広く、世界をよりよい場所にしたいと考えたのです。1932年、トリヴェーロにはすでに会議ホール、図書館、体育館、映画館、公共プールがありましたが、彼はわずか数年の間に医療センターと保育園を建設しました。彼は、自分の製品に求める品質は土地やコミュニティとの良好な関係なくしてはあり得ないことを理解していました。彼にとって自然環境の美しさと人々の幸福は、長期にわたる成功を望む企業に不可欠なものでした。この信念は揺るがず、26kmにおよぶ「Panoramica Zegna」道路を建設し、針葉樹とツツジ、アジサイを植えるという壮大な植林計画を実行しました。環境保護活動家という言葉が生まれるずっと前から、彼は多くの点でそう呼ばれるにふさわしい存在だったのです。彼は会社のために様々な決定的瞬間を生み出しましたが、彼にとって最も重要であったのは、共に生活し働く人々が自らの人生を築くのを支援したことです。彼は開拓の精神にあふれた創業者であり、現在もなお会社の精神に影響を与え続けています。

読む人を刺激する魅力的なエピソードを共有して、Zegnaメイド トゥ メジャー体験を獲得しましょう。

— その他注目の「瞬間」を見る
Share to WeChat

Copy the link and open WeChat to share.

Ermenegildo Zegna

DEFINING MOMENTS

Rotate to continue

日本語

このサイトのホストはErmenegildo Zegna Holditalia S.p.Aです。