米国、ニューヨーク

ベンジャミン

・ミルピエ

「歩き始めた頃にはもう踊っていました」

Benjamin Millepied

べンジャミン・ミルピエは、LA Danceプロジェクトを設立し、パリオペラ座バレエ団のディレクター オブ ダンスを務めた人物。ニューヨークで、彼の人生を決めた瞬間について話してくれました

— 自分にとっての決定的な瞬間とは?

「僕はいつも『真夏の夜の夢』を思い出します。会場全体が暗くなるときの。とても難しい踊りをやる直前なんだけど、お客さまを見渡すことができる。いつもこの瞬間が大好きなんです。嵐の前の静けさのような。普段はお客さまが見えることはないんですが、この瞬間……『真夏』が始まる直前には、月明かりに照らされたような会場が見えるんです。これは、本当に魔法のような瞬間です。」

ダンサーたちには、ダンスをする人間になってほしい。ダンスをするダンサーじゃなくてね。」

すべてのストーリーは、ある一瞬から始まります。読む人を刺激する魅力的なエピソードを紹介し、メイド トゥ メジャー体験を獲得しましょう

— その他注目の「瞬間」を見る
Share to WeChat

Copy the link and open WeChat to share.

Ermenegildo Zegna

DEFINING MOMENTS

Rotate to continue

日本語

このサイトのホストはErmenegildo Zegna Holditalia S.p.Aです。